電話番号 06-6321-7103

〒533-0005 大阪府大阪市東淀川区瑞光1-12-12 シセイビル1F

【診療時間】
午前 9:00~12:00
午後 4:30~7:30
【休診】水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

大阪市東淀川区瑞光 上新庄駅 浜田整形外科  整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科

ロコモティブシンドローム

ジョブメドレー
クリニックブログ
Mobile Site 携帯サイト

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧頂けます。

「ロコモ」とは?

運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を
「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」といいます。
進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。
ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、もしくは複数に障害が起き、歩行や日常生活に何らかの障害をきたしている状態です。2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。
いつまでも自分の足で歩き続けていくために、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが今、必要なのです。

ロコモティブシンドロームの概念図

※加齢に伴う筋量・筋力の低下のこと。「加齢性筋肉減少症」ともいいます。

PageTopへ戻る

ロコチェック

あなたももしかしてロコモ?
「ロコチェック」を使って簡単に確かめることができます。
7つの項目はすべて、骨や関節、筋肉などの運動器が衰えているサイン。
1つでも当てはまればロコモの心配があります。0を目指してロコトレ(ロコモーショントレーニング)を始めましょう。

片脚立ちで靴下がはけない
家の中でつまずいたり滑ったりする
階段を上がるのに手すりが必要である
家のやや重い仕事が困難である
2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である(1リットルの牛乳パック2個程度)
15分くらい続けて歩くことができない
横断歩道を青信号で渡りきれない
PageTopへ戻る

ロコトレ

ロコモにはいろいろなレベルがあり、それはどれくらい歩けるかによってわかります。十分に歩ける人と、よく歩けない人では、ロコトレのやり方も違います。
自分に合った安全な方法で、まず「片脚立ち」と「スクワット」を始めましょう。

ロコトレはたった2つの運動です。毎日続けましょう!

ロコトレ1 片脚立ち 左右1分間ずつ、1日3回行いましょう。

転倒しないように必ずつかまるものがある場所でおこないましょう。床につかない程度に、片脚を上げます。

ロコトレ2 スクワット 深呼吸をするペースで5~6回繰り返します。1日3回行いましょう。


Page Topへ戻る